スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線量の最新データをお伝えします  4月25日

◆文部科学省リアルタイムモニタリングポスト(2012年04月23日 08時00分)
 http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area2.html
 アクアマリンふくしま 0.092μSv/h
 アクアマリンパーク  0.070μSv/h
 三崎公園 0.177μSv/h
 いわき海星高校 0.162μSv/h
 永崎小学校 0.143μSv/h
 わかぎ幼稚園 0.072μSv/h

◆福島県環境放射能測定値(暫定値)(2012年04月24日 17時00分)
 http://www.pref.fukushima.jp/j/sokuteichi9414.pdf
 いわき合同庁舎駐車場 0.11μSv/h

◆いわき市内の放射線量測定値(2012年04月23日 午前中)
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/info/dbps_data/_material_/info/4.23xls.pdf
 いわき市小名浜支所 地上1m 0.12μSv/h
     〃     地上1㎝ 0.16μSv/h

アクアマリンふくしま、福島県水産試験場のデータは前回と同じです。
現在、「放射性物質汚染対処特措法」という法律に基づいて、環境省が除染の対象とし
ているのは、0.23μSv/h以上(1mSv/年相当)の地域です。上記の測定結果はいずれも
この値を下回っています。
スポンサーサイト

放射線量の最新データをお伝えします

◆文部科学省リアルタイムモニタリングポスト(2012年04月23日 08時00分)
 http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area2.html
 アクアマリンふくしま 0.089μSv/h
 アクアマリンパーク  0.073μSv/h
 三崎公園 0.176μSv/h
 いわき海星高校 0.152μSv/h
 永崎小学校 0.143μSv/h
 わかぎ幼稚園 0.082μSv/h

◆福島県環境放射能測定値(暫定値)(2012年04月22日 17時00分)
 http://www.pref.fukushima.jp/j/sokuteichi9394.pdf
 いわき合同庁舎駐車場 0.11μSv/h

◆いわき市内の放射線量測定値(2012年04月20日 午前中)
 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/info/dbps_data/_material_/info/4.20xls.pdf
 いわき市小名浜支所 地上1m 0.12μSv/h
     〃     地上1㎝ 0.14μSv/h

◆アクアマリンふくしま
 http://www.marine.fks.ed.jp/ 〈環境放射線〉(2012年04月05日)
  潮目の海 大水槽前 0.05μSV/h
  蛇の目ビーチ  0.07μSV/h
  えっぐの森  0.12μSV/h
  〈海水中放射性物質量〉(2012年04月16日)
  水槽内 検出せず
  蛇の目ビーチ 検出せず

◆福島県水産試験場緊急時モニタリング検査(2012年03月26日~04月16日に採取したものの結果)
 http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/housya-soukatu01-H24.pdf
 いわき海域、相双海域合わせて魚介類55種を調査。100Bq/㎏を超えた数は21種。
 (魚種ごとの結果はホームページを参照)

放射線量情報!!

続きを読む »

感謝!!

 先日ブログでも書いたように、19日付けで海遊祭の開催を地元と中央同時にプレス発表をしました。
 中央でのプレス発表なんて、ウチらだけでは考えもしなかったことだ。
 まぁ、いわきの近隣市町村からは 今までもそこそこ来てくれてたりしたから、あえて他県への広報活動はしなかったし、来てくれたお客さんが楽しんでくれたらそれでイイって思ってたからなぁ。

そんなわけで今回は、中央から海遊祭の広報や応援をしてくれている、新しい仲間について紹介します!

出会いは去年の夏、8/11の追悼花火前夜の飲み会・・・いや、祈願祭(笑)
断念しかけてた花火大会の開催を後押ししてくれた、「LIGHT UP NIPPON」って団体があって、そこのいわき担当だったメンバーと、一緒に酒を飲んだのが始まりだった。

 津波で備品も流され、会場もぐちゃぐちゃになって、来年イベントどうすっかな~っていろいろ考えてた頃で、「ワンピースの船呼べれば人来るんじゃねーか?」とか、即無理じゃんって言われそうなことにも実現の可能性を探ってくれたり、中央から人を呼ぶための企画を考えてくれたりと、多いときは月に2回も3回もいわきに来てくれて打合せをしてきた。

 その人は、一流企業の社員で、自分の仕事だってかなり忙しいのに、被災地のために自分の時間を削って、海遊祭以外にもさまざまな復興支援に飛び回ってる。
大変なのにありがとうって言うと、「好きでやってるだけだから」ってすごいよなぁ、なかなかできないことだよ。

 何度かの話のうちに応援してくれる仲間が増え、半年以上の活動の一つの成果としてプレス発表って形ができたと思う。
まぁ、これからが本番なんだけど、一つの区切りとして、「ありがとう」

そして、会場の復旧にはまだまだ時間がかかり、イベントの完全復活とまではいかないかもしれないけど、できる限りの楽しいイベントを目指して、みんなで楽しもう!

まずは近いうちにみんなでの飲み会・・・の前の顔合わせ&打合せ成功させよう!

プレス向けニュース文書を中央・地元同時に4/19付けでリリースしました!

報道関係各位
東日本大震災を乗り越えて再び開催へ
「おなはま海遊祭」2年ぶりに開催決定

いわき花火大会実行委員会(福島県いわき市)は、毎年夏にアクママリンパーク(いわき市小名浜港1・2号埠頭間)にて開催してきた海のイベント「おなはま海遊祭」を、2年ぶりに2012年8月4日、5日にわたり開催することを決定いたしました。
akuamarinepark.jpg
(画像:2009年7月「第9回 おなはま海遊祭」)

「おなはま海遊祭」は、小名浜港周辺の賑わいと発展をサポートすること、そして来場者が笑顔になることを目指して、いわき花火大会のプレイベントとして1986年(当時の名称は船の博覧会)から始まった市民参加型の海のイベントです。海上ではキッズボートやジェットスキーなどの無料体験乗船、ジェットスキーのアクロバットショーなどを、陸上ではステージショーや物産展など、海上・陸上それぞれにてイベントを実施し、“海”を楽しむことを主旨としてきました。

しかし2011年は東日本大震災により、港の損壊、津波による船舶などの備品の紛失、そして原発事故による影響が未知数であったため、いわき花火大会は、LIGHT UP NIPPON(※)とのタイアップにて開催できたものの、24年間続けられてきた「おなはま海遊祭」は中止せざるをえませんでした。

今年の開催にあたっては、港の損壊・機材の紛失に加え、原発の風評被害と言う過酷な状況の中、このままイベントをやめるという選択肢も含めて検討してまいりましたが、今まで以上により海に親しめる、子供たちが笑顔になれるイベントを目指し、そして港に賑わいを取り戻し復興の一助へとつなげるため、「おなはま海遊祭」を再び開催することを決定いたしました。

(※)東北の津波の被害が大きかった沿岸部で、一斉に花火大会を開催することで、「東北を、日本を、明るく、元気に」するというプロジェクト


■イベント概要
開催日時:2012年8月4、5日 10:00~16:00(※雨天決行、荒天中止)
開催場所:アクアマリンパーク(福島県いわき市・小名浜港1・2号埠頭間)
主  催:いわき花火大会実行委員会
実施内容:
【海上】キッズボートやジェットスキーの無料体験乗船、ジェットスキーのアクロバットショー
【陸上】ステージショーや物産展など
※現時点での予定であり、変更になる可能性がございます。
map.jpg

<参考>
2010年「第10回 おなはま海遊祭」来場者数:約46,000人
おなはま海遊祭HP http://www.iwakihanabi.com/onahama_kaiyusai/index.htm
おなはま海遊祭ブログ http://kaiyusai.blog.fc2.com/
Facebookページ   facebook.com/onahamakaiyusai

■いわき花火大会実行委員会 おなはま海遊祭委員会 委員長 田中英幸
昨年、おなはま海遊祭委員会の委員長に就任しましたが、震災と津波の影響で、初仕事は流された船の回収と「開催の断念」でした。数多くの備品が流され、残ったジェットスキーはボロボロの状態。船首とハンドルが反対方向を向き、ゴムボートもパンクしてエンジンもほぼ全滅。そのような状況だったため、昨年は長年続いたイベントをとうとう途切れさせてしまいました。
 しかしながら、この1年間、海遊祭の経緯や目的などを改めて振り返り、今後の展開を考えていく上で、良い機会になったと前向きに捉えています。現在では、新しい仲間も増え、メンバー一同、おなはま海遊祭をよりよい形で再出発させようと意気込んでいます。
現地は、港湾の復旧工事などで、これまで通りの海遊祭とはならないかもしれませんが、今できるベストを尽くし、たくさんの子供たちに楽しんでもらえるようなイベントにしたいと考えておりますので、何卒、ご支援いただきますよう、よろしくお願いいたします。


【イベント備品の寄贈について】

東日本大震災によりイベント備品の多くも損壊・紛失してしまいました。
イベント開催に向けて、事務局では水上バイク、ボート類、ライフジャケット等各種イベント備品を無償提供いただける方を探しています。

【備品寄贈のお問い合わせ先】下記「本件に関するお問い合わせ先」と共通

本件に関するお問い合わせ先
いわき花火大会実行委員会事務局
TEL:0246-53-5677 FAX:0246-52-1415
e-mail:toiawase@iwakihanabi.com

ガレージにて

先週の続き
さすがに川太郎の工場で幅きかせてメンテするのは悪いんで、うちの事務所下にお引っ越し♪
とは言っても、ただの駐車場なんで、このままでは何もできない。
ってコトで、足場で仕切りと吊り架台を組立て電気と水道を延長。
2012_04_15_1.jpg
 水と電源とエアーが揃った♪
 仲間みんなでいろいろ工具を持ち寄って、ちょっとした整備工場っぽい。
準備ができたんで、先週の案件だった 排気ラインの水抜きのため、分解して取り出す。
2012_04_15_2.jpg
2012_04_15_3.jpg
 一年たってもまだこんなに水溜まってんか? ってくらいの勢いでドボドボと津波の名残が・・・
外したとこからエンジンを見てみると、結構溜まってそう。
心折れそうになりながらも、ここまでやったら、諦めるわけいかねーだろってことで、エンジンを上げてみることに
2012_04_15_4.jpg
ちっちゃいながらも、1200ccのエンジンだけあって結構重い!
 チェーンブロックって手動のクレーンで吊上げて、船体から下ろしてみると・・・うわ~っ!かなりオイルパンに水が溜まってる
しかも塩が溜まってたり、緑青が噴いてたりかなり厳しい状態だ
しかし、シリンダーは手で軽く動くんだよなぁ~
2012_04_15_5.jpg
とりあえず、ヤマハにガスケットや他の部品の在庫を確認する前にバラすのは、生産中止になってた場合とんでもないコトになるんで、今日のトコはここまで。
最後に 水も引いたんで、船体を洗ってやった。
ホコリが落ちたら、細かい傷は結構あるな~。
てか、津波の中でこれだけの傷で済んだのが奇跡か。
思ってた以上に状況は悪いな~
今年の海遊祭に間に合わすのは厳しいかもなでも、なんとか復活させたい!
もう一度海に出せることを願って、引き続き時間を作って直して行こう!
2012_04_15_6.jpg

復活?

 気がつけば 1月以上放置で久々の更新(汗) 忙しくてヒマがなかったというか、たいして書くこともなかったというか・・・すいません!正直サボってました(笑)
 今日はずっっっと、気になってたんだけど、放置してあったジェットスキーの状態を確認してきた。
津波で流されて、倉庫から何百メートルも離れた道端に転がっていたジェットを拾い集めながら、もう乗れねぇなって思ったっけ。ハンドルが反対方向に曲がってたり、電柱にたてかかってたり。
 そんな中で、きれいに形が残ってるヤツもあって、もしかしたらって思ってたんで、試しに火ィ入れてみることにした。
2012_4_10_1.jpg

コイツはまだイベントに使うジェットが足りなかった頃に、俺の知り合いに頼んで売ってもらったヤツで、花火大会で焼きそば売って作った活動
資金握りしめて、ユニックで茨城に取りに行った、個人的に思い入れのあるヤツだ
主にバナナボート引っ張るのに使ってたが、たまにブン回してやんないと、へそ曲げてすぐカブっちまう気分屋さんだ。
この写真みたいな感じで、うまく着地してたんで、ほぼ無傷で発見・保護できた。
なんとかなんねぇ~かな~って言いながらやっとやる気になったのが今日(笑)
保管場所である、副委員長の川太郎の会社(某KRS)工場に向かう。
 とは言え、俺も川太郎も素人なんで、どうすっかなと思いながら運転してると、車屋のメンバーの最近建て直した工場から、車が1台俺の前に割り込んできた。
「智だ!」 ヒマなら手伝わせようと、車を追いかけてコンビニへ。
 しかし、降りてきたのは・・親父さんだった↓
すかさず智に電話をかけ、「智だと思ってコンビニまで追いかけたのに、親父さんってねぇだろ! 
俺の時間どうしてくれるんだ!」 とイチャモンを付け、仕事中のプロをコーヒー1本で呼び出すことに成功♪
クレーンでジェットを吊下ろし、シートを外してエンジンを見る。
多少塩が付着して、砂が入ってるが、外観は綺麗だ。
2012_4_10_2.jpg
2012_4_10_3.jpg

プラグを外して中を見ても、スゲーキレイ♪  な~んか期待が膨らむ♪
しかーし!3つ目のプラグを外したら・・・サビて腐ってる!  中を覗くと、シリンダー部に水が溜まってる。
 エアーで吹き飛ばしてみたが、いくらでも水が出てくる。
埒が開かないんで、ブースターケーブルをつないで、セルを回して中の水出してみることに。
バッテリーはもちろん死んでたが、セルは驚くほど普通に回った♪ そしたら排気から水が出る出る!
2012_4_10_4.jpg

ジェットの右側濡れてるのが、エンジンから噴き出した溜まり水。
これ全部津波の時の海水なんだよな。
いくらでも出てくるもんで、排気ラインを分解。
サイレンサの中に溜まった水が抜けきれない。
そんなこんなしてるうちに、時間が経ち、日曜というのにみんな仕事を途中で抜け出してやってたため、時間切れ。
コレ、いけるんじゃぁね?って気持ちと、なんとか復活させたいなって思いの中、来週俺の事務所の駐車場にお引っ越しして、本格的にバラして整備することに決定。
なんとか海遊祭に間に合わせたいな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。